コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公益独占 こうえきどくせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公益独占
こうえきどくせん

事業の公益性を理由に独占禁止法上容認されている独占 (→私的独占 ) 。鉄道事業,電気事業,ガス事業などがこれにあたる。これらの事業は,一般国民の日常生活に不可欠なものであるが,自由競争によっては一般国民の利益を確保しえないので,これらの事業者の行為には独占禁止法の適用が除外されている (独占禁止法 21) 。そのかわりとして,料金または価格の決定などについては政府による規制が加えられている。しかし,それに需要者の意思が反映されているか否かが常に問題となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android