コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六天説 りくてんせつ Liu-tian-shuo

2件 の用語解説(六天説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六天説
りくてんせつ
Liu-tian-shuo

中国,後漢の経学者鄭玄 (じょうげん) が唱えた天界説。鄭玄以前,天には五帝があって,四季の循環を行なっていると考えていたが,鄭玄は讖緯説 (しんいせつ) ,星術説などをとって,上帝と五帝とを北極星をめぐる星座の位置に配当し,かつ五帝を精霊として,「感生帝説」に合理的に合致させようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りくてんせつ【六天説 liù tiān shuō】

中国,後漢の鄭玄(じようげん)が唱えた天の働きをいう学説。彼は五行説に基づき,霊威仰(れいいこう)は春と東,赤熛怒(せきひようど)は夏と南,含枢紐(がんすうちゆう)は土用と中央,白招拒(はくしようきよ)は秋と西,汁光紀(じゆうこうき)は冬と北をつかさどるとし,この五帝の上に天の主宰者たる上帝北辰耀魄宝(ほくしんようはくほう)を加えて,天は六なりとした。これは当時流行した讖緯(しんい)の書(讖緯説)によるもので,のち,魏の王粛(おうしゆく)は《聖証論》を著し,天体は唯一なりとしてその非合理性を批判した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

六天説の関連キーワード許慎鄭玄馬融三礼揚子方言揚子法言古注鄭注木村養元服虔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone