六字名号(読み)ろくじみょうごう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六字名号
ろくじみょうごう

南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の六文字をいう。九字名号「南無不可思議光如来(なむふかしぎこうにょらい)」、十字名号「帰命尽十方無礙光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)」に対する。南無は礼する意で、阿弥陀仏への帰依(きえ)を表す術語。『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』などに説かれ、この六字名号を唱えることによって、浄土往生(じょうどおうじょう)への目的が達せられるとされる。真宗ではもっぱら六字名号を本尊としていた。また転じて死ぬことをもいう。[佐々木章格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ろくじ‐みょうごう ‥ミャウガウ【六字名号】

※日蓮遺文‐守護国家論(1259)「浄土宗意我等凡夫但任国称六字名号者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android