六字法(読み)ろくじほう

精選版 日本国語大辞典「六字法」の解説

ろくじ‐ほう ‥ホフ【六字法】

〘名〙 (「六字」は六観音の名字をさす) 仏語。六字神呪経などにより、聖観音などを本尊として調伏息災のために修する密教の修法。六字供
※増鏡(1368‐76頃)一五「六字法聖尋僧正」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「六字法」の解説

ろくじ‐ほう〔‐ホフ〕【六字法】

密教で、六観音を本尊として調伏・息災などのために行う修法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android