コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖観音 しょうかんのんĀryāvalokiteśvara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖観音
しょうかんのん
Āryāvalokiteśvara

六観音の一つ。正しくは聖観世音菩薩または聖観自在菩薩。単に観音といえばこの菩薩をさす。日本での造像中最も多いと推定され,7世紀以来江戸時代にいたるまで,全国各地に遺品が分布している。その形像は普通,宝髻を結い上半身は裸形で,腰裳を着けた一般の菩薩形であるが,花瓶や蓮華や宝珠を持つものなど変化がある。著名な遺品として,飛鳥時代では法隆寺夢殿の秘仏本尊,同『百済観音』などは正しくは聖観音と考えられる。また奈良薬師寺東院堂の白鳳時代の『聖観音像』 (国宝) は銅造で,唐様式を受けた日本の代表的な優品である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐かんのん〔シヤウクワンオン〕【聖観音/正観音】

六観音・七観音の一。本来の姿の観音のことで、変化(へんげ)の観音と区別して聖の字を冠する。大慈悲を円満な相に表し、宝冠中に無量寿仏を有し、蓮華(れんげ)を持つ姿などに表す。聖観世音。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうかんのん【聖観音】

聖観世音 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の聖観音の言及

【観音】より

…阿弥陀仏の脇侍としてのほかに,単独でも信仰の対象となる。標準的な姿の聖(正)観音のほかに異形の観音が多い。観音の起源にはヒンドゥー教のシバ神の影響が考えられる。…

※「聖観音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

聖観音の関連キーワード岩手県二戸市浄法寺町御山久保兵庫県美方郡香美町香住区下浜三重県津市一身田上津部田大阪府大阪市住吉区我孫子福岡県福岡市城南区東油山東京都中央区日本橋人形町富山県富山市婦中町千里滋賀県東近江市瓜生津町岐阜県本巣郡北方町北方島根県安来市広瀬町富田甚目寺(愛知県の寺)長野県長野市七二会己岐阜県多治見市池田町香川県東かがわ市大谷岐阜県大垣市青墓町滋賀県草津市下寺町山梨県中央市下河東兵庫県西宮市甲山町新潟県佐渡市二見兵庫県豊岡市鎌田

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖観音の関連情報