コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調伏 じょうぶく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調伏
じょうぶく

調伏」のページをご覧ください。

調伏
ちょうぶく

仏教用語。「じょうぶく」とも読む。 (1) 自己の身心を制御して悪を排除すること。 (2) 害意のある者を修法により撃破すること。特に密教で行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ぶく〔デウ‐〕【調伏】

ちょうぶく(調伏)

ちょう‐ぶく〔テウ‐〕【調伏】

[名](スル)
《「ぢょうぶく」とも》仏語。
㋐心身をととのえて、悪行を制すること。
㋑祈祷(きとう)によって悪魔・怨敵(おんてき)を下すこと。降伏(ごうぶく)。
まじないによって人をのろい殺すこと。
「呪咀(じゅそ)―の願を満てしめ」〈浄・賀古教信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうぶく【調伏】

( 名 ) スル

ちょうぶく【調伏】

( 名 ) スル
〔「じょうぶく」とも〕 〘仏〙 内外の悪を打破すること。特に、密教で五大明王などを本尊として、怨敵・魔物を降伏ごうぶくすること。
まじないによって人をのろい殺すこと。呪詛じゆそ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調伏
ちょうぶく

仏教用語。「じょうぶく」とも読む。自身の悪心を抑え除き、善心とすること。対外的には敵意あるものを教化して悪心を捨てさせ、害をもたらすものを打ち破ること。サンスクリット語のアビチャールカabhicraka(阿毘遮(あびしゃるか)と音写)の意訳。降伏(ごうぶく)ともいう。密教修法では四種法(あるいは五種法)の一とされ、行ずる者自身の煩悩(ぼんのう)、あるいは悪行為を行う者の貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)の三根本煩悩、ならびにそれによる行為を取り除き、福楽を獲得させようとするものをいう。その方法には五大明王などの法を修する護摩(ごま)法がある。すなわち、行ずる者自ら面を南に向けてうずくまって座り、身に黒色あるいは青色の衣を着け、飲食および供養物もまた、黒色あるいは青色のものを用い、黒月(月の後半)の23日または24日の正午あるいは中夜のときから始める法である。[小野塚幾澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

調伏の関連キーワードアタルバ・ベーダ金剛夜叉明王大威徳明王水煙・水烟インド医学義海(1)興意法親王軍荼利の法紀州道成寺自性の月蘇悉地経五大尊法まじない蟇目の法軍荼利法五大明王五壇の法怨敵退散金剛童子降三世法

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調伏の関連情報