調伏(読み)じょうぶく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

調伏
じょうぶく

調伏」のページをご覧ください。

調伏
ちょうぶく

仏教用語。「じょうぶく」とも読む。 (1) 自己の身心を制御して悪を排除すること。 (2) 害意のある者を修法により撃破すること。特に密教で行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ぶく〔デウ‐〕【調伏】

ちょうぶく(調伏)

ちょう‐ぶく〔テウ‐〕【調伏】

[名](スル)
《「ぢょうぶく」とも》仏語。
㋐心身をととのえて、悪行を制すること。
㋑祈祷(きとう)によって悪魔・怨敵(おんてき)を下すこと。降伏(ごうぶく)。
まじないによって人をのろい殺すこと。
「呪咀(じゅそ)―の願を満てしめ」〈浄・賀古教信〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうぶく【調伏】

( 名 ) スル

ちょうぶく【調伏】

( 名 ) スル
〔「じょうぶく」とも〕 〘仏〙 内外の悪を打破すること。特に、密教で五大明王などを本尊として、怨敵・魔物を降伏ごうぶくすること。
まじないによって人をのろい殺すこと。呪詛じゆそ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調伏
ちょうぶく

仏教用語。「じょうぶく」とも読む。自身の悪心を抑え除き、善心とすること。対外的には敵意あるものを教化して悪心を捨てさせ、害をもたらすものを打ち破ること。サンスクリット語のアビチャールカabhicraka(阿毘遮(あびしゃるか)と音写)の意訳。降伏(ごうぶく)ともいう。密教修法では四種法(あるいは五種法)の一とされ、行ずる者自身の煩悩(ぼんのう)、あるいは悪行為を行う者の貪(とん)・瞋(じん)・痴(ち)の三根本煩悩、ならびにそれによる行為を取り除き、福楽を獲得させようとするものをいう。その方法には五大明王などの法を修する護摩(ごま)法がある。すなわち、行ずる者自ら面を南に向けてうずくまって座り、身に黒色あるいは青色の衣を着け、飲食および供養物もまた、黒色あるいは青色のものを用い、黒月(月の後半)の23日または24日の正午あるいは中夜のときから始める法である。[小野塚幾澄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐ぶく デウ‥【調伏】

ちょう‐ぶく テウ‥【調伏】

〘名〙
① (「ぢょうぶく」とも) 仏語。怨敵、悪魔、敵意ある人などを信服させ、障害を破ること。また、身心をととのえて、悪業や煩悩などを除くこと。降伏(ごうぶく)。→調伏法
※今昔(1120頃か)三「婢、十善を聞きて心に調伏しぬ」 〔法華経‐信解品〕
まじないなどによって、人をのろい殺すこと。呪詛(じゅそ)
※日本高僧伝要文抄(1249)浄蔵伝「天慶三年正月二十二日、於横川、為調伏坂東凶逆首平将門三七日修大威徳法
③ だますこと。また、からかうこと。
※洒落本・箱まくら(1822)下「ハイみんなして宜しう調伏(テウブク)しておくれ」
④ 芝居の楽屋で、悪口のことをいう。〔南水漫遊拾遺(1820頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

調伏の関連情報