コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魏晋南北朝時代 ギシンナンボクチョウジダイ

デジタル大辞泉の解説

ぎしんなんぼくちょう‐じだい〔ギシンナンボクテウ‐〕【魏晋南北朝時代】

中国で、後漢が滅亡し、三国が分立した220年ごろから、全土を統一した589年に至る約370年間の時代江南に興った南朝四国東晋を合わせて六朝(りくちょう)という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

魏晋南北朝時代【ぎしんなんぼくちょうじだい】

中国で,後漢の滅亡(220年)から隋による統一(589年)までの時代。黄巾の乱などに触発された後漢末の混乱で,各地に割拠した群雄の一つ魏によって後漢が滅ぼされると,(曹操・曹丕(そうひ),洛陽)・(劉備,成都)・(孫権,建業)の三国が分立した(三国時代)。
→関連項目中華人民共和国南学南北朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎしんなんぼくちょうじだい【魏晋南北朝時代 Wèi Jìn nán běi cháo shí dài】

220年漢帝国が滅亡してから589年隋によって中国が再び統一されるまでの時代。建康(南京)に首都を置いた呉・東・陳の江南6王朝を六朝というが,六朝の語でこの時代を総称する場合もある。この時代の特徴は政治権力の多元化にあり,短命な王朝が各地に興亡して複雑な政局を織りなし,はなはだしい場合には十指に余る政権が併立した(図)。しかしそれは400年に及ぶ秦・漢統一帝国の秩序原理に代わる新たな原理を模索した結果であり,決して単なる混乱と野蛮の時代ではなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎしんなんぼくちょうじだい【魏晋南北朝時代】

中国で、後漢が滅んだ220年頃から隋が天下を統一した589年までの三六〇余年間の時代。三国時代、西晋の統一時代、東晋・五胡十六国時代、南北朝時代に細分することもある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

魏晋南北朝時代の関連キーワードシヤンファン(襄樊)特別市コワンユワン(広元)特別市チャオヤン(朝陽)特別市ホイチョウ(恵州)特別市タートン(大同)特別市ホーチョワン(合川)市三国時代(中国)武帝(西晋)十三経注疏九品官人法南北朝時代占田・課田六朝時代【てい】志怪小説岡崎文夫六朝文化帯金具仏図澄孝文帝

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android