コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六盤山脈 ろくばんさんみゃく

百科事典マイペディアの解説

六盤山脈【ろくばんさんみゃく】

中国,寧夏回族自治区南部から甘粛省東部にかけて南北に走る山脈。南部は隴山(ろうざん)とも。全長約240km。最高峰は六盤山(2928m)。地質構造線に沿うため,地震の震源地になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六盤山脈
りくばんさんみゃく / リウパンシャン

中国の陝西(せんせい)省、甘粛(かんしゅく)省、寧夏(ねいか)回族自治区にまたがる山脈。黄土高原上を北北西から南南東へ走る。南部を隴山(ろうざん)山脈ともよぶ。主峰の六盤山は標高2928メートル、急峻(きゅうしゅん)なため登山路が六度曲折するためその名がある。東側が急傾斜をなすのに対し、西側は緩斜面をなす。基本的構造は中生代末の燕山(えんざん)造山運動で形成され、のちヒマラヤ造山運動でふたたび隆起した。地震の多発地帯でもある。乾燥地帯にあり森林は乏しく、典型的な乾燥草原となっている。山上は夏期に冷涼なため、チンギス・ハンなどが避暑地としたことがある。1935年に毛沢東(もうたくとう)に率いられた紅軍がここを越え、その際、毛沢東は「清平楽六盤山」の詞を残している。[秋山元秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

六盤山脈の関連キーワード寧夏(回族自治区)リウパンシャンマイ隴山山脈長征

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android