コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六郷政晴 ろくごう まさはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六郷政晴 ろくごう-まさはる

1675-1741 江戸時代前期-中期の大名。
延宝3年生まれ。六郷政信の長男。貞享(じょうきょう)2年出羽(でわ)本荘(ほんじょう)藩(秋田県)藩主六郷家4代となる。奥詰や朝使の御馳走役をつとめ,51年間の在任中に隣領亀田藩との真木山係争,旗本領との冬師(とうし)・かじか沢山境争いがおこった。寛保(かんぽう)元年3月27日死去。67歳。通称は荘之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

六郷政晴の関連キーワード六郷政長六郷政林

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android