コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

其処所(読み)ソコドコロ

デジタル大辞泉の解説

そこ‐どころ【×処所】

[名](あとに打消しの語を伴って用いる)それどころ。
「娘は―で無いから頻りに迫る」〈風葉青春
[代]中称の指示代名詞。
どこそこの所。
「―ともなくいみじく苦しくし給ひて」〈・若菜下〉
そのところ。その点。
「―はあなたのお取持故、お取結びにならぬと申す事もござりますまいが」〈伎・四十七石忠矢計〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そこどころ【其処所】

( 名 )
〔下に打ち消しの表現を伴う〕 その程度(ではない)。それどころ。 「ああ、もし〱、お前のお頼みだが、-ぢやあござりませぬ/歌舞伎・四谷怪談」
( 代 )
指示代名詞。
そのところ。 「 -ともなく、いみじく苦しくて/源氏 若菜下
どこそこの所。 「教へやらむも-とも覚えぬうちに/宇津保 俊蔭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報