日高川入相花王(読み)ヒダカガワイリアイザクラ

  • ひだかがわ いりあいざくら
  • ひだかがわいりあいざくら ひだかがはいりあひざくら
  • ひだかがわいりあいざくら〔ひだかがはいりあひざくら〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。五段。竹田小出雲(こいずも)・近松半二ら合作。1759年(宝暦9)2月、大坂・竹本座初演。紀州道成寺(どうじょうじ)の伝説を中心の趣向にして、朱雀(すざく)帝の弟桜木親王と藤原忠文(ただぶみ)の皇位継承争いに藤原純友(すみとも)の反逆を絡ませたもの。四段目の清姫嫉妬(きよひめしっと)の段が今日に残った。忠文方に追われた桜木親王は山伏安珍(あんちん)と身をやつして真那古庄司(まなごのしょうじ)の館(やかた)に立ち寄るが、庄司の娘清姫に恋慕される。安珍が道成寺を目ざして逃れるのを、清姫は後を追うが、日高川の渡守(わたしもり)が渡すことを拒むので、蛇体となって川を渡る。歌舞伎(かぶき)では日高川の場だけが伝わり、清姫・渡守の両役はそれぞれ人形振りで演ずるのが定式になっている。

[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

浄瑠璃。時代物。五段。竹田小出雲(三世竹田出雲)・近松半二ら合作。宝暦九年(一七五九)大坂竹本座初演。道成寺伝説に、平将門の遺志を継いだ伊予掾純友の反逆などをからませたもの。真那古庄司の娘清姫が安珍を慕い、蛇となって日高川を渡り道成寺へ向かう四段目の場面が名高い。通称「日高川」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android