コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日高川入相花王 ヒダカガワイリアイザクラ

大辞林 第三版の解説

ひだかがわいりあいざくら【日高川入相花王】

人形浄瑠璃。時代物。竹田小出雲・近松半二ら合作。1759年初演。安珍・清姫の道成寺伝説に、桜木親王と藤原忠文の皇位争い、伊予掾藤原純友の反逆をからませたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日高川入相花王
ひだかがわいりあいざくら

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。五段。竹田小出雲(こいずも)・近松半二ら合作。1759年(宝暦9)2月、大坂・竹本座初演。紀州道成寺(どうじょうじ)の伝説を中心の趣向にして、朱雀(すざく)帝の弟桜木親王と藤原忠文(ただぶみ)の皇位継承争いに藤原純友(すみとも)の反逆を絡ませたもの。四段目の清姫嫉妬(きよひめしっと)の段が今日に残った。忠文方に追われた桜木親王は山伏安珍(あんちん)と身をやつして真那古庄司(まなごのしょうじ)の館(やかた)に立ち寄るが、庄司の娘清姫に恋慕される。安珍が道成寺を目ざして逃れるのを、清姫は後を追うが、日高川の渡守(わたしもり)が渡すことを拒むので、蛇体となって川を渡る。歌舞伎(かぶき)では日高川の場だけが伝わり、清姫・渡守の両役はそれぞれ人形振りで演ずるのが定式になっている。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日高川入相花王の関連キーワード道成寺(能)竹本三郎兵衛金幣猿嶋郡人形浄瑠璃道成寺物藤原忠文人形振り浄瑠璃人形振二歩堂皇位

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日高川入相花王の関連情報