コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

具眼 グガン

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐がん【具眼】

物事の本質を見抜き、是非・真偽などを判断する見識をもっていること。「具眼の士」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐがん【具眼】

物事の善悪や是非を判断する見識や能力をそなえていること。 「虚平なる心を有する-の人より之を見れば殆ど堪へがたきものあるべし/小説神髄 逍遥」 「僕ばかりぢやない。-の士はみんなさう思つてゐる/三四郎 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

具眼の関連キーワード丸・元・含・岩・岸・巌・玩・癌・眼・翫・贋・雁・頑・顔・願ジョリス・カルル ユイスマンス倶・俱・具・愚トラークル豊島与志雄中川忠英春と修羅チェージ小説神髄三四郎

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

具眼の関連情報