(読み)グ

デジタル大辞泉の解説

ぐ【具】

[名]
ある目的を果たすために利用する手段。道具。「政争のにする」
料理で、汁、まぜ御飯などに入れたり付け添えたりする魚・貝・肉・野菜などの副材料。「味噌汁の

㋐連れ添うこと。また、その人。妻。配偶者。
「一所(ひとところ)は宮腹(みやばら)の―にておはす」〈栄花・月の宴〉
㋑貴人の相手役。従者。
「ひめ宮の御―にて」〈・蜻蛉〉
[接尾]助数詞。衣類・器具などで、ひとそろいになるものを数えるのに用いる。「鎧(よろい)一

ぐ【具】[漢字項目]

[音](呉) [訓]そなえる そなわる つぶさに
学習漢字]3年
必要なものをそろえる。そなえる。そなわる。「具象具体具備具有不具
そなえておく器物。「家具玩具(がんぐ)器具工具寝具道具農具馬具武具仏具文具夜具用具
詳しく申し立てる。つぶさに。「具申具陳敬具
[名のり]とも
[難読]玩具(おもちゃ)

よろい〔よろひ〕【具】

[接尾]助数詞。家具・調度などで、いくつかの部分から成り立っているようなものを数えるのに用いる。
「衣箱一―」〈落窪・三〉
「屏風一―」〈義経記・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐ【具】

( 名 )
[1] 道具。器具。 「物の-」
[1] 物事に利用する材料となるもの。手段。手だて。 「政争の-にする」
[0] 料理で、主材料にまぜる副材料となるもの。汁に入れる野菜や五目ずしのたねなど。 「雑煮の-」
[1] 顔料に胡粉ごふん・白土などを加えて明度を上げ、かつ不透明にしたもの。絵の具などとする。
つれそう人。妻。 「この宮の御-にては、いとよきあはひなり/源氏 浮舟
お相手役。遊び相手。 「姫宮の御-にて、いとこよなからぬ御程の人なれば/源氏 蜻蛉
( 接尾 )
助数詞。一そろいになっている衣服や器具などを数えるのに用いる。そろい。組。 「各五十隻を一-と為す/延喜式 兵庫寮

よろい【具】

( 接尾 )
助数詞。家具・調度などを数える。 「御厨子二-/宇津保 国譲上」 「 屛風一-/義経記 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐ【具】

[1] 〘名〙
① 伴われている人。つき添っている人。
(イ) つれそう人。妻となっている人。配偶者。
※源氏(1001‐14頃)浮舟「いろめきたる方は添ひたる人ぞかし。この宮の御ぐにてはいとよきあはひなり」
※浜松中納言(11C中)四「若君あづかりたる中将の乳母のおととの、上野(かんつけ)の国の守のぐにてありけるが」
(ロ) 貴人の子女などの相手をする人。お相手役。お遊び相手。
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「ひめ宮の御ぐにて、いとこよなからぬ御ほどの人なれば」
(ハ) 連れ従えてきた者。ともびと。従者。
※栄花(1028‐92頃)浦々の別「此検非違使どものぐの赤衣(あかぎぬ)など着たる者ども、ただ寄りに寄りて」
② 特定の者が着用する衣料。
※枕(10C終)一七「青色の淵こそをかしけれ。蔵人などのぐにしつべくて」
③ 手に取り、または身近に置いて使用するもの。道具。工具。文房具。武具。また、家具、調度の類。用具。時として、「ひとそろいの物」という意識を伴うことがある。
※伊勢物語(10C前)六五「陰陽師・巫(かんなぎ)よびて、恋せじといふ祓のぐしてなむいきける」
※蜻蛉(974頃)上「あけくれとり使ひし物のぐなども」
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「箱・たき物・くすり・すずりのぐよりはじめて」
④ (比喩的に) 他に利用される材料や手段になること。また、そのもの。道具。
※江戸繁昌記(1832‐36)序「江都繁華中、太平を鳴すの具、二時の相撲、三場の演劇、五街の妓楼に過るは無し」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉二「又自らその身を進脩する所以の具なり」
⑤ 料理で、飯や主材料にまぜ合わせたり、つけ添えたりする副材料。汁、鍋料理、ちらしずし、ごもくめしなどに入れる副材料。かやく。
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉二「半切に移した飯を団扇で煽いで細く刻んだ材料(グ)を混ぜる」
⑥ 各種の顔料に白土、鉛白、胡粉などを加えたもの。淡い色調を呈する。また、その白土など。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[2] 〘接尾〙 衣服、器具、また、食器に盛った食物などの揃(そろ)いを数えるのに用いる。そろい。対(つい)。組(くみ)
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「金埿銅薬師像壱具〈略〉香炉壱拾具」
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「女の装束一具、夜の装束一具、絹三十疋、綿など入れて」

よろい よろひ【具】

〘接尾〙 いくつかの部分から成り立っているようなものを数えるのに用いる。揃(そろい)、組、対(つい)などに当たる。主として家具・調度品を数えるのに用い、時に武具や衣服にもいう。
※書紀(720)斉明四年七月(北野本訓)「鮹旗(たこはた)廿頭(はたち)、鼓(つつみ)二面(ふたつ)、弓矢二具(ふたヨロヒ)、鎧二領を賜ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

具の関連情報