コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 グ

5件 の用語解説(具の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぐ【具】

[名]
ある目的を果たすために利用する手段。道具。「政争のにする」
料理で、汁、まぜ御飯などに入れたり付け添えたりする魚・貝・肉・野菜などの副材料。「味噌汁の

㋐連れ添うこと。また、その人。妻。配偶者。
「一所(ひとところ)は宮腹(みやばら)の―にておはす」〈栄花・月の宴〉
㋑貴人の相手役。従者。
「ひめ宮の御―にて」〈・蜻蛉〉
[接尾]助数詞。衣類・器具などで、ひとそろいになるものを数えるのに用いる。「鎧(よろい)一

ぐ【具】[漢字項目]

[音](呉) [訓]そなえる そなわる つぶさに
学習漢字]3年
必要なものをそろえる。そなえる。そなわる。「具象具体具備具有不具
そなえておく器物。「家具玩具(がんぐ)器具工具寝具道具農具馬具武具仏具文具夜具用具
詳しく申し立てる。つぶさに。「具申具陳敬具
[名のり]とも
[難読]玩具(おもちゃ)

よろい〔よろひ〕【具】

[接尾]助数詞。家具・調度などで、いくつかの部分から成り立っているようなものを数えるのに用いる。
「衣箱一―」〈落窪・三〉
「屏風一―」〈義経記・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぐ【具】

( 名 )
[1] 道具。器具。 「物の-」
[1] 物事に利用する材料となるもの。手段。手だて。 「政争の-にする」
[0] 料理で、主材料にまぜる副材料となるもの。汁に入れる野菜や五目ずしのたねなど。 「雑煮の-」
[1] 顔料に胡粉ごふん・白土などを加えて明度を上げ、かつ不透明にしたもの。絵の具などとする。
つれそう人。妻。 「この宮の御-にては、いとよきあはひなり/源氏 浮舟
お相手役。遊び相手。 「姫宮の御-にて、いとこよなからぬ御程の人なれば/源氏 蜻蛉
( 接尾 )
助数詞。一そろいになっている衣服や器具などを数えるのに用いる。そろい。組。 「各五十隻を一-と為す/延喜式 兵庫寮

よろい【具】

( 接尾 )
助数詞。家具・調度などを数える。 「御厨子二-/宇津保 国譲上」 「 屛風一-/義経記 5

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

具の関連キーワード実力筌蹄達成多目的団体便利色仕掛踏台メディアポリシー修行僧

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

具の関連情報