コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内侍司 ナイシノツカサ

3件 の用語解説(内侍司の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ないし‐の‐つかさ【内司】

律令制後宮十二司の一。天皇に近侍して、奏請・伝宣の事にあたり、また、後宮の礼式などをつかさどった。職員は女性で、尚侍(ないしのかみ)典侍(ないしのすけ)掌侍(ないしのじょう)女嬬(にょじゅ)などがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ないしのつかさ【内侍司】

令制の後宮十二司の一つ。後宮内の中心的な司であった。職員としては尚侍(ないしのかみ)2名,典侍(ないしのすけ)4名,掌侍(ないしのじよう)4名,女孺(によじゆ)100名が置かれた。その職掌は天皇への常侍,奏請・宣伝(上申および命令の下達),女孺の監督,内外命婦(みようぶ)の朝参のこと,禁内礼式等であった。宮人には官位相当がないが,その禄の額は尚侍が従五位,典侍が従六位,掌侍が従七位に準じた。しかしその職掌の政治的重要性から官位との対応関係はしばしば改定され,807年(大同2)には,尚侍は従三位,典侍は従四位,掌侍は従五位と定められ,そのまま《延喜式》に定着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ないしのつかさ【内侍司】

律令制で、後宮十二司の一。天皇の日常生活に奉仕した。勅や奏の取り次ぎも行うことから奈良末期以降急速にその地位が高まり、平安中期に後宮諸司が廃絶していく中、後宮を代表する官司となった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の内侍司の言及

【後宮】より

…諸司の掌(しよう)以上が〈職事〉,以下の女孺(によじゆ),采女(うねめ)らを〈散事〉とよぶが,男性官人に準ずる給禄の准位規定(表)があり,蔵司の筆頭である尚蔵以下の地歩が推定できる。そこでは蔵司を最高に,膳・縫司がこれに次ぎ,天皇に常侍して奏請・宣伝する内侍司(ないしのつかさ)は,その次に位置したが,しだいに内侍司の地歩が上昇し,蔵司と肩を並べるに至った。一方,宮人全体の地歩も高まり,777年(宝亀8)ごろから〈女官(によかん)〉としての位置づけが明確化した。…

※「内侍司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone