内侍司(読み)ナイシノツカサ

世界大百科事典 第2版の解説

ないしのつかさ【内侍司】

令制の後宮十二の一つ。後宮内の中心的な司であった。職員としては尚侍(ないしのかみ)2名,典侍(ないしのすけ)4名,掌侍(ないしのじよう)4名,女孺(によじゆ)100名が置かれた。その職掌は天皇への常侍,奏請・宣伝(上申および命令の下達),女孺の監督,内外命婦(みようぶ)の朝参のこと,禁内礼式等であった。宮人には官位相当がないが,その禄の額は尚侍が五位,典侍が従六位,掌侍が従七位に準じた。しかしその職掌の政治的重要性から官位との対応関係はしばしば改定され,807年(大同2)には,尚侍は従三位,典侍は従四位,掌侍は従五位と定められ,そのまま《延喜式》に定着した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ないしのつかさ【内侍司】

律令制で、後宮十二司の一。天皇の日常生活に奉仕した。勅や奏の取り次ぎも行うことから奈良末期以降急速にその地位が高まり、平安中期に後宮諸司が廃絶していく中、後宮を代表する官司となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内侍司の言及

【後宮】より

…諸司の掌(しよう)以上が〈職事〉,以下の女孺(によじゆ),采女(うねめ)らを〈散事〉とよぶが,男性官人に準ずる給禄の准位規定(表)があり,蔵司の筆頭である尚蔵以下の地歩が推定できる。そこでは蔵司を最高に,膳・縫司がこれに次ぎ,天皇に常侍して奏請・宣伝する内侍司(ないしのつかさ)は,その次に位置したが,しだいに内侍司の地歩が上昇し,蔵司と肩を並べるに至った。一方,宮人全体の地歩も高まり,777年(宝亀8)ごろから〈女官(によかん)〉としての位置づけが明確化した。…

※「内侍司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android