コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼子一 かねこはじめ

2件 の用語解説(兼子一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兼子一
かねこはじめ

[生]1906.12.18. 東京
[没]1973.4.6. 東京
日本の民事訴訟法学を理論的に確立した代表的な法学者。 1929年東京帝国大学法学部を卒業後,ただちに同大学助手になり,助教授を経て,41年教授となった。民事訴訟法を担当。 57年退官したのち,弁護士として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼子一 かねこ-はじめ

1906-1973 昭和時代の法学者。
明治39年12月18日生まれ。昭和16年東京帝大教授。民事訴訟法の分野で独自の理論をきずく。大学教授50歳定年説をとなえて32年退官,弁護士となり山陽特殊鋼事件などを担当。昭和48年4月6日死去。66歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「民事訴訟法体系」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

兼子一の関連キーワード児童雑誌生田長江小松耕輔島村抱月ドールンブルックベアトヘボンメッケルセリエイト組織

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone