コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼巻(3代) かねまき

1件 の用語解説(兼巻(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼巻(3代) かねまき

?-1655 江戸時代前期の刀工。
祖父の初代兼巻(喜斎),父の2代兼巻(五郎右衛門)の業をうけつぐ。精緻な鍛法で「今貞宗」と称され,加賀金沢藩主前田利常(としつね)に重用された。明暦元年死去。加賀(石川県)出身。姓は敷村,または宮村。通称は清蔵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

兼巻(3代)の関連キーワードヌイツ奈良屋茂左衛門明暦新田義貞と福井小規模保育所天野酒勝山烏川九谷焼古九谷

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone