内因性精神病(読み)ないいんせいせいしんびょう(英語表記)endogenous psychosis

世界大百科事典 第2版の解説

ないいんせいせいしんびょう【内因性精神病 endogenous psychosis】

精神医学では,精神障害の原因を一般的に心因性,外因性,内因性に区別して考えている。神経症や反応性の精神異常は心理的な原因によるという意味から心因性の精神障害に含められ,脳の器質的な疾患や他の身体病に伴って現れる精神異常は外因性精神病とされている。外因を広義にとって心因もこれに含める見方もあるが,外因性とは身体因性と考えるのが現在の慣用である。これに対して内因性とは,個体の内的素因に基づくとする考えから出たものであり,とくにその原因に遺伝的な素因が重要な役割をもつと同時に原因不明性であるという意味が込められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android