コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内外人平等主義 ないがいじんびょうどうしゅぎ

2件 の用語解説(内外人平等主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内外人平等主義
ないがいじんびょうどうしゅぎ

国際法上,国家がその領域内において外国人に保証する義務を負う待遇の内容として,自国民に与えるのと同等の待遇を与えることを求められるとする主義。国内標準主義ともいう。これに対して自国民と同等の待遇では不十分で,一定の国際的な標準に合致する待遇を保証する義務を負うとする主義を「国際標準主義」という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の内外人平等主義の言及

【外国人】より

…しかし,今日では,国際人権規約などによって,国際法上の制約が大きくなったことが注目される。その結果,これまで,私権の享有についていわれていた内国民待遇ないし内外人平等主義が,公権(基本的人権)についても適用されるようになった。ただ,出入国在留管理権は,今日でも,国家の主権と独立の属性と解されているので,外国人は国民とは異なり,当該国のひろい裁量に服さねばならない。…

※「内外人平等主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone