内孫(読み)ウチマゴ

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐まご【内孫】

〘名〙 祖父母から見て、自分の跡取りから生まれた子ども。ないそん。⇔外孫(がいそん)外孫(そとまご)
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉四「三人目の内に美園という名を付けた」

ない‐そん【内孫】

〘名〙 祖父母からみて、自分の跡取りから生まれた子ども。うちまご。⇔外孫

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内孫の言及

【孫】より

…孫とは2世代下の子孫の総称であり,日本人はこれを内孫(うちまご)と外孫(そとまご)に区別している。内孫とは婿養子の場合を除いて一般に男の子どもたちの子をいい,外孫とは婚出した子どもたちの子をさす。…

※「内孫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android