コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外孫 ガイソン

デジタル大辞泉の解説

がい‐そん〔グワイ‐〕【外孫】

他家へ嫁に行った娘が産んだ子。そとまご。⇔内孫

そと‐まご【外孫】

他家に嫁した娘や分家した息子にできた子。がいそん。⇔内孫(うちまご)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいそん【外孫】

そとまご(外孫)」に同じ。 ⇔ 内孫

そとまご【外孫】

嫁に行った娘や、養子に行った息子にできた子。がいそん。 ⇔ 内孫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外孫の言及

【孫】より

…孫とは2世代下の子孫の総称であり,日本人はこれを内孫(うちまご)と外孫(そとまご)に区別している。内孫とは婿養子の場合を除いて一般に男の子どもたちの子をいい,外孫とは婚出した子どもたちの子をさす。…

※「外孫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外孫の関連キーワード市川団十郎(7世)市川団十郎(7代)七代目市川団十郎熱田大宮司家土御門通親西園寺公経原林之助藤原頼通畠山重保藤原道隆藤原惟憲黒川道祐藤原季範藤原斉信桑原北林近衛忠煇山本秀子三条天皇鹿子木荘池田忠雄

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android