内格子(読み)ウチゴウシ

大辞林 第三版の解説

うちごうし【内格子】

家の内側に持ち上げて開ける格子。 ⇔ 外格子
家の内側にある格子。 ⇔ 外格子
江戸時代の歌舞伎劇場の桟敷の名。東西上桟敷うわさじきの舞台から八間をいった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ごうし ‥ガウシ【内格子】

〘名〙
内側に引き上げる格子。⇔外格子
※随筆・後松日記(1848頃)五「そと格子は手づから上んに便なし。さればにや、多うは内格子を用ゆ」
② 家の内側に作ってある格子。
③ 芝居小屋の桟敷(さじき)の名。東西両側の二階桟敷のうち、普通、舞台から八間のうちをいうが、時代により増減があった。江戸中期以後、主として江戸歌舞伎劇場で用いた。〔戯場訓蒙図彙(1803)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android