コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内標準法

栄養・生化学辞典の解説

内標準法

 クロマトグラフィーなどを行う際,量のわかった特定の物質を試料に加えて分析し,添加したその物質量から試料の中の物質の量を知るという方法をとる.この,試料に加える物質を内標準物質といい,内標準物質を添加して分析を行う方法を内標準法という.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone