コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内河航行権[中国] ないがこうこうけん[ちゅうごく]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内河航行権[中国]
ないがこうこうけん[ちゅうごく]

アヘン戦争後の開国時,清朝は沿岸に横行する海賊をみずから制することができず,武装した外国船舶の来航を歓迎するほどであった。その結果,中国が外国と条約を締結する際,外国船舶の中国内地河川航行権を認めることになった。揚子江航行権は,咸豊8 (1858) 年の天津条約,光緒 21 (95) 年の下関条約などに規定され,外国船舶の航行区域は鎮江から重慶にいたる各開港場に及び,外国船にはそれぞれ通航証が発給された。内河航行権は揚子江ばかりでなく,白河,珠江の西江その他にも及び,東北では黒竜江松花江,ウスリー江の内河航行権がロシアに与えられた。また外国軍艦の内河航行権も,道光 24 (44) 年の望厦 (ぼうか) 条約,天津条約などで認められた。中華人民共和国の成立後は,これら条約上の規定は一切廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android