コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内無双 うちむそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内無双
うちむそう

相撲の決まり手の一つ。左 (右) 四つで,右 (左) 上手側の手のひらを,相手の左 (右) 膝の内側にあて,左 (右) 下手側へひねり倒す。まれには下手側の手のひらを相手の膝にあてて,上手側へひねり倒すこともないわけではない。内無双は形からみると「さまた (叉股) 返し」と似ているが,さまた返しは足取り技であり,内無双は右 (左) 手はあてるだけで,ひねり技である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うち‐むそう〔‐ムサウ〕【内無双】

相撲のきまり手の一。四つに組み、差し手をかかえた上手を伸ばし、手の甲で相手のももを内側から払い上げ、反対側からひねり倒す技。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うちむそう【内無双】

相撲の決まり手の一。四つに組んだとき、上手を下に伸ばして相手の足の内側に入れ、体をひねりながら肩を下げ相手を倒す技。 → 外無双

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内無双の関連情報