コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田庸 うちだ もちう

1件 の用語解説(内田庸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田庸 うちだ-もちう

1787-1835 江戸時代後期の国学者,商人。
天明7年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)三国湊の豪商。京都で富士谷御杖(みつえ)にまなぶ。三国神社の改築に尽力した。天保(てんぽう)6年7月9日死去。49歳。通称は惣右衛門。号は耕斎。著作に「能登の海」「郭公百首」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内田庸の関連キーワード寛政の改革緑色岩寛政改革フェデラリスツ桂川甫粲森羅万象フランツ田能村竹田ドゥーフ斑糲岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone