コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤政氏 ないとう まさうじ

1件 の用語解説(内藤政氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤政氏 ないとう-まさうじ

1810-1881 江戸後期-明治時代の和算家。
文化7年生まれ。水野家につかえ,その移封(いほう)により生地肥前唐津(佐賀県)から遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松をへて出羽(でわ)山形にうつった。原田能興(のうこう)に関流数学をまなび,嘉永(かえい)5年山形藩算術師範となり,維新後も山形県の算術師範として門人におしえた。明治14年4月28日死去。72歳。通称は政次郎。号は温知軒。著作に「算学好問」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤政氏の関連キーワードアレクサンドルアレクサンドルブラジル文学神谷源内植村文楽軒農民文学日本鉄道岩崎弥太郎オイレンブルクベルクール

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone