内藤政氏(読み)ないとう まさうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤政氏 ないとう-まさうじ

1810-1881 江戸後期-明治時代の和算家。
文化7年生まれ。水野家につかえ,その移封(いほう)により生地肥前唐津(佐賀県)から遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松をへて出羽(でわ)山形にうつった。原田能興(のうこう)に関流数学をまなび,嘉永(かえい)5年山形藩算術師範となり,維新後も山形県の算術師範として門人におしえた。明治14年4月28日死去。72歳。通称は政次郎。号は温知軒。著作に「算学好問」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android