コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤清枚 ないとう きよかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤清枚 ないとう-きよかず

1645-1714 江戸時代前期-中期の大名。
正保(しょうほ)2年8月6日生まれ。旗本水野守行の子。母方の伯父内藤重頼(しげより)の養子となり,摂津富田(とんだ)(大阪府)の遺領をつぐ。元禄(げんろく)4年信濃(しなの)(長野県)に領地をうつされ高遠(たかとお)藩主内藤家初代。3万3000石。大坂加番,奏者番をつとめた。正徳(しょうとく)4年4月16日死去。70歳。通称は半右衛門

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

内藤清枚 (ないとうきよかず)

生年月日:1645年8月6日
江戸時代前期;中期の大名
1714年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

内藤清枚の関連キーワード絵島・生島事件生年月日江島事件内藤頼卿高遠藩高遠城中期正保

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内藤清枚の関連情報