コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤盛時 ないとう もりとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤盛時 ないとう-もりとき

1190-1254 鎌倉時代の武士。
建久元年生まれ。内藤盛家の次男。幕府御家人。若年より幕府につかえ,京都への使者をつとめた。「吾妻鏡」によれば,嘉禄(かろく)2年(1226)父の働きかけで検非違使(けびいし)任命宣旨をうけたが,長男盛親を越える理由がなく父の恣意によるとして幕府で評議の結果,任官をとめられた。建長6年1月19日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内藤盛時の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android