コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤静修 ないとう せいしゅう

1件 の用語解説(内藤静修の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤静修 ないとう-せいしゅう

1759-1834 江戸時代後期の武士,漢詩人。
宝暦9年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩校明倫館でまなび,山根南溟(なんめい)に師事。9代藩主毛利斉房(なりふさ)につかえ直目付をへて斉房夫人の裏年寄となる。頼山陽(らい-さんよう)と親交があった。天保(てんぽう)5年8月24日死去。76歳。名は昌盈(まさみつ)。字(あざな)は子謙。通称は十郎兵衛。漢詩集に「官暇漫吟」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤静修の関連キーワードナポリ王国ジェイ条約葛飾北斎野村軍記服飾雑誌アヘン戦争図鑑大英博物館河北門小鵜飼船

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone