コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤静修 ないとう せいしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤静修 ないとう-せいしゅう

1759-1834 江戸時代後期の武士,漢詩人。
宝暦9年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。藩校明倫館でまなび,山根南溟(なんめい)に師事。9代藩主毛利斉房(なりふさ)につかえ直目付をへて斉房夫人の裏年寄となる。頼山陽(らい-さんよう)と親交があった。天保(てんぽう)5年8月24日死去。76歳。名は昌盈(まさみつ)。字(あざな)は子謙。通称は十郎兵衛。漢詩集に「官暇漫吟」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤静修の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]ミュラー(ドイツの生理・解剖学者 Johannes Petrus Müller)ポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)倉谷鹿山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android