内藤頼由(読み)ないとう よりゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤頼由 ないとう-よりゆき

1709-1780 江戸時代中期の大名。
宝永6年1月7日生まれ。信濃(しなの)(長野県)飯山藩主永井直敬(なおひろ)の5男。内藤頼卿(よりのり)の養子となり,享保(きょうほう)20年信濃高遠藩主内藤家3代。42年間藩主の座にあり,「寛保(かんぽう)の掟(おきて)」といわれる家中法度(はっと)13ヵ条などを制定。奏者番をつとめた。安永9年5月27日死去。72歳。通称は左京。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android