内部細胞塊(読み)ナイブサイボウカイ

デジタル大辞泉の解説

ないぶ‐さいぼうかい〔‐サイバウクワイ〕【内部細胞塊】

inner cell mass》哺乳類の発生の初期の段階で、胚盤胞の内部に形成される細胞群のこと。外側の細胞は胎盤になり、この内部の細胞塊が生物の本体となる。これを取り出して培養することでES細胞を樹立することができる。ICM

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android