コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部細胞塊 ナイブサイボウカイ

デジタル大辞泉の解説

ないぶ‐さいぼうかい〔‐サイバウクワイ〕【内部細胞塊】

inner cell mass》哺乳類の発生の初期の段階で、胚盤胞の内部に形成される細胞群のこと。外側の細胞は胎盤になり、この内部の細胞塊が生物の本体となる。これを取り出して培養することでES細胞を樹立することができる。ICM

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

内部細胞塊の関連キーワード胚性幹細胞(ES細胞)人工多能性幹細胞胚性幹細胞ES 細胞幹細胞体柄

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android