コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円太郎馬車 エンタロウバシャ

3件 の用語解説(円太郎馬車の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんたろう‐ばしゃ〔ヱンタラウ‐〕【円太郎馬車】

《落語家橘家(たちばなや)円太郎が、明治10年代、当時の乗り合い馬車の御者のまねをして評判になったところから》乗り合い馬車のこと。がた馬車。えんたろう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

円太郎馬車
えんたろうばしゃ

明治時代の乗合馬車の愛称。1869年(明治2)京浜地区で始まり、のち全国で庶民の足となる。がた馬車、がたくり馬車ともいう。80年ごろ、落語家4世橘家(たちばなや)円太郎(?―1898)がこの乗合馬車の馬丁の吹くラッパを高座で吹いて評判になり、馬車のほうが円太郎の名でよばれることになった。関東大震災後のまにあわせの東京市営バスも円太郎バスとよばれた。[森脇逸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone