コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円環 エンカン

デジタル大辞泉の解説

えん‐かん〔ヱンクワン〕【円環】

まるい。また、まるく連なっている形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円環 えんかん

1696-1734 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)9年生まれ。真宗大谷派。京都西福寺の慧空にまなび,享保(きょうほう)4年越前(えちぜん)(福井県)敦賀の大谷派真蓮寺の住職となる。同寺のほか,近江(おうみ)(滋賀県)や加賀(石川県),本山学寮でおしえた。享保19年5月21日死去。39歳。大坂出身。俗姓は佐野。字(あざな)は了龢。号は超空,道中,今日庵。著作に「二尊二教円々喩」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えんかん【円環】

まるくつながった輪。 「 -構造」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

円環の関連キーワードポアンカレ‐バーコフの不動点定理スコトゥス・エリウゲナM.H. ニコルソンフィネガンズウェイクジョルジュ プーレロベール ドローネマラボリア家の人々一般交換[婚姻]イブヌル・シードトロイダルコイルM. クネーネリングバランスアストロラーブライフサイクルアストロラーベホンブルク公子閉曲線と閉曲面三相モータドローネー西洋の没落

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

円環の関連情報