コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写真用電球 しゃしんようでんきゅう photo flood lamp

1件 の用語解説(写真用電球の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゃしんようでんきゅう【写真用電球 photo flood lamp】

スタジオ照明や引伸しなどに使用される電球。ガラス球の内面に塗料を塗布した白色塗装電球アルミニウムを蒸着した反射型写真電球がある。反射型は光束の開く角度によってスポット型(約20度)とフラッド型(約60度)に区別される。写真用電球には,いずれも700mmHg程度のアルゴンガスが封入されており,また写真効果を高める必要からできるだけ昼光に近い状態にするためにフィラメントの温度を高くしてあるので寿命は著しく短い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

写真用電球の関連キーワードA光源電球サテライトスタジオスタジオスタジオミュージシャン伸しフォトスタジオアビーロードスタジオ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone