コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠鷲 カンムリワシ

大辞林 第三版の解説

かんむりわし【冠鷲】

タカ目タカ科の鳥。全長55センチメートル 内外。全身暗褐色で、黒と白の冠羽をもつ。森林にすみ、主にヘビ・トカゲ・カエルなどを食う。南アジアに分布し、日本では沖縄県八重山諸島にのみ見られる。特別天然記念物。絶滅危惧種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

冠鷲 (カンムリワシ)

学名:Spilornis cheela
動物。ワシタカ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

冠鷲の関連キーワード絶滅危惧種南アジア内外森林

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android