冬安居(読み)トウアンゴ

大辞林 第三版の解説

とうあんご【冬安居】

〘仏〙 陰暦10月16日から翌年1月15日まで、僧が一か所にこもって修行すること。雪ゆき安居。ふゆあんご。 [季] 冬。 → 安居あんご

ふゆあんご【冬安居】

とうあんご(冬安居)」に同じ。 [季] 冬。 《 行脚ここに名山にあひぬ- /松瀬青々 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐あんご【冬安居】

〘名〙 仏語。一〇月一六日または一五日より、翌年一月一五日までの三か月間、僧が外出しないで室内で仏道修行すること。臨済宗では雪安居とも称し、二月一五日までの四か月間行なう。夏安居に対していう。冬夏(とうげ)
正法眼蔵(1231‐53)安居「梵網経中に、冬安居あれども、その法つたはれず」

ふゆ‐あんご【冬安居】

〘名〙 僧が冬に行なう安居。冬の三か月(たとえば一〇月一六日から一月一五日まで)にわたって坐禅の修行などを集中的にすること。臨済宗では雪安居(せつあんご)という。とうあんご。《季・冬》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android