コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷気湖 れいきこ

大辞林 第三版の解説

れいきこ【冷気湖】

放射冷却で冷えた冷気が、窪地くぼちや谷間などの低地に滞留したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷気湖
れいきこ

気象学上の用語で、冷気が地形的な窪地(くぼち)である盆地や谷間に滞留している場合をいう。その規模は直径数メートルから数十キロメートルに及ぶ。滞留する冷気の厚さは夏に薄く、冬に厚く、周りの山の高さの0.2~0.3%程度、明け方の放射冷却によって冷気湖ができるときはかならず気温の逆転を伴う。また冷気が広がるためには無風であるよりは弱い風がいくらかでも吹いているほうがよい。また周囲の斜面に沿って流れ込む冷気が、冷気湖の主要な源となる場合もある。
 日本では阿蘇(あそ)山(熊本県)の火口原にできる冷気湖がよく知られており、これは、秋、大陸からの移動性高気圧に覆われたときに発生し、霜害をもたらしたりする。このため、熊本県阿蘇市役犬原(やくいんばる)の霜神社では行事として「火焚(ひた)き神事」の祭事を執り行い、8月中旬から10月16日まで火をたき続けるが、これは燻煙(くんえん)法による防霜効果と結び付いたものと考えられている。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

冷気湖の関連キーワード垂直分布根本順吉放射冷却千代国一微気象低地気候霜穴

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷気湖の関連情報