コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷泉為久 れいぜい ためひさ(ためただ)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

冷泉為久 れいぜい-ためひさ

1686-1741 江戸時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
貞享(じょうきょう)3年1月11日生まれ。冷泉為綱の子。上冷泉家正徳(しょうとく)3年従三位となる。民部卿をへて権(ごんの)大納言にすすみ,正二位にいたる。武家伝奏をつとめた。寛保(かんぽう)元年8月29日死去。56歳。法名は了覚。家集に「冷泉為久卿集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

冷泉為久 (れいぜいためひさ)

生年月日:1686年1月11日
江戸時代中期の歌人・公家
1741年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

冷泉為久の関連キーワード生年月日冷泉為村寺町百庵歌人公卿貞享