冷陰極(読み)れいいんきょく(英語表記)cold cathode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「冷陰極」の解説

冷陰極
れいいんきょく
cold cathode

加熱しない金属を電極として用いた陰極定電圧放電管ネオン管,ストロボ放電管などの冷陰極管に使われる。導電材料として用いられる金属の大部分は,融点,沸点が低いので,放電に必要な全部の電子を熱電子放出によって供給することができない。陰極前面の強い電場により電子が放出される電場放出,イオン衝撃による二次電子放出,陰極の蒸気が電子によって励起され復帰するときの光電子放出などが,冷陰極から電子を放出するおもな機構と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「冷陰極」の解説

れい‐いんきょく【冷陰極】

電子管で、強力な電界により電子を放出する陰極。→熱陰極

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android