コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷陰極 れいいんきょくcold cathode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷陰極
れいいんきょく
cold cathode

加熱しない金属を電極として用いた陰極定電圧放電管ネオン管,ストロボ放電管などの冷陰極管に使われる。導電材料として用いられる金属の大部分は,融点,沸点が低いので,放電に必要な全部の電子を熱電子放出によって供給することができない。陰極前面の強い電場により電子が放出される電場放出,イオン衝撃による二次電子放出,陰極の蒸気が電子によって励起され復帰するときの光電子放出などが,冷陰極から電子を放出するおもな機構と考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れい‐いんきょく【冷陰極】

電子管で、強力な電界により電子を放出する陰極。→熱陰極

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

冷陰極の関連キーワードショットキー効果真空マイクロ素子イグナイトロンスタンレー電気タングステンガイスラー管ネオンサイン電離真空計コロナ放電水銀ランプ計数放電管ブラウン管冷陰極放出陰極線管電界放出CCFL電子管蛍光灯電子銃X線管

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android