コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凄艶/凄婉 セイエン

デジタル大辞泉の解説

せい‐えん〔‐エン|‐ヱン〕【凄艶/凄×婉】

[形動][文][ナリ]ぞっとするほどなまめかしいさま。
「芸者というものが何となく―に見えた」〈荷風腕くらべ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいえん【凄艶】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ぞっとするほどあでやかな・こと(さま)。 「細君の-な姿は/俳諧師 虚子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

凄艶/凄婉の関連キーワードドロン(Alain Delon)伏見 直江おしどり新内節俳諧師春告鳥弱吟鷺娘