出世者(読み)しゅっせしゃ

精選版 日本国語大辞典「出世者」の解説

しゅっせ‐しゃ【出世者】

〘名〙
① 世俗を捨て仏道にはいった者。僧侶出家
※米沢本沙石集(1283)五本「其本意真実に仏道を志し、解脱を期する心ならば出世者也」
※平家(13C前)七「数輩の童形・出世者・坊官・侍僧に至るまで、経正の袂にすがり」
※醍醐寺新要録(1620)「建長四年八月十八日新制三箇条内〈略〉出世者中、凡僧者、五十未満之間、能程衣并不頸巻事」
④ 世捨人。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出世者」の解説

しゅっせ‐しゃ【出世者】

世を捨てて仏道に入った者。出家。僧侶。
持仏堂などの法事を勤める僧。
「数輩の童形、―、坊官、侍僧に至るまで」〈平家・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android