持仏堂(読み)ジブツドウ

百科事典マイペディアの解説

持仏堂【じぶつどう】

朝夕その人が信仰し礼拝する仏像念持仏持仏)を安置しておく建物,または部屋。江戸中期以後,一般化した在家の仏間や仏檀はこの変形である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じぶつどう【持仏堂】

平生信仰している仏像すなわち念持仏を安置した堂。院家や子院(塔頭(たつちゆう))などで,僧侶のみの礼拝の対象とした持仏堂は内持仏堂という。義浄三蔵の《南海寄帰内法伝》巻九は僧坊内に念持仏を安置した例をあげ,〈西国相伝へて其来ること久し〉と述べている。日本では《維摩会(ゆいまえ)縁起》《伊呂波字類抄》などに,藤原鎌足が病気全快を祈って維摩詰(ゆいまきつ)像を造り,〈家中に堂を建て〉て山階(やましな)精舎・陶原(すえはら)精舎としたと伝え,これが興福寺となったことは史上有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じぶつどう【持仏堂】

自分の信仰する仏像や祖先の位牌いはいを安置する建物、または部屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じぶつ‐どう ヂブツダウ【持仏堂】

〘名〙 持仏または祖先の位牌を安置しておく堂、あるいは室。仏間。仏壇をいうこともある。持仏。
※狭衣物語(1069‐77頃か)三「入道の宮は、持仏(ヂブツ)だうの妻戸おしあけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の持仏堂の言及

【念持仏】より

…その多くは小金銅仏,小木仏で,簡素な宮殿(くうでん)(龕(がん)),厨子(ずし)などに安置される。元来念持仏は自宅の一室に宮殿,厨子を安置し,私的に礼拝するものであるが,別棟や小堂を設ける場合もあり,これを持仏堂という。今日各家庭にみる仏壇は江戸時代にその形態が成立するが,これは念持仏安置が一般化し,普及発展したものといえる。…

※「持仏堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持仏堂の関連情報