持仏堂(読み)ジブツドウ

百科事典マイペディアの解説

持仏堂【じぶつどう】

朝夕その人が信仰し礼拝する仏像念持仏持仏)を安置しておく建物,または部屋。江戸中期以後,一般化した在家の仏間や仏檀はこの変形である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じぶつどう【持仏堂】

平生信仰している仏像すなわち念持仏を安置した堂。院家や子院(塔頭(たつちゆう))などで,僧侶のみの礼拝の対象とした持仏堂は内持仏堂という。義浄三蔵の《南海寄帰内法伝》巻九は僧坊内に念持仏を安置した例をあげ,〈西国相伝へて其来ること久し〉と述べている。日本では《維摩会(ゆいまえ)縁起》《伊呂波字類抄》などに,藤原鎌足が病気全快を祈って維摩詰(ゆいまきつ)像を造り,〈家中に堂を建て〉て山階(やましな)精舎・陶原(すえはら)精舎としたと伝え,これが興福寺となったことは史上有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じぶつどう【持仏堂】

自分の信仰する仏像や祖先の位牌いはいを安置する建物、または部屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の持仏堂の言及

【念持仏】より

…その多くは小金銅仏,小木仏で,簡素な宮殿(くうでん)(龕(がん)),厨子(ずし)などに安置される。元来念持仏は自宅の一室に宮殿,厨子を安置し,私的に礼拝するものであるが,別棟や小堂を設ける場合もあり,これを持仏堂という。今日各家庭にみる仏壇は江戸時代にその形態が成立するが,これは念持仏安置が一般化し,普及発展したものといえる。…

※「持仏堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android