コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出塵 シュツジン

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐じん〔‐ヂン〕【出×塵】

俗世間の汚れから逃れること。出家して僧となること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつじん【出塵】

世俗を棄てて、清らかな境界にあること。出家すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出塵の関連キーワード人・仁・刃・塵・壬・尋・尽・燼・甚・盡・神・腎・臣・訊・迅・陣・靭俗世間境界世俗

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android