脱俗(読み)だつぞく

精選版 日本国語大辞典「脱俗」の解説

だつ‐ぞく【脱俗】

〘名〙 世間の気風から抜け出ること。世の中から超越すること。また、凡庸をこえ出ること。超俗
※幕府燕間録「范文正公嘗為人作墓銘、〈略〉為太守誠為脱俗
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「首縊りの力学と云ふ脱俗超凡な演題なのだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「脱俗」の解説

だつ‐ぞく【脱俗】

[名](スル)世間から離れて、俗事にわずらわされないこと。俗事に執着しないで、あっさりしていること。超俗。「脱俗の境」
[類語]高踏孤高超俗俗離れ浮き世離れ世間離れ高踏的高尚上品気高い典雅崇高高邁高遠超然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「脱俗」の解説

【脱俗】だつぞく

世俗を脱する。また、出家。民国・曼殊〔断鴻零雁記、十章〕俗してより今に至るまで、師傅、~均しく殷殷として愛を垂る。

字通「脱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android