脱俗(読み)ダツゾク

デジタル大辞泉の解説

だつ‐ぞく【脱俗】

[名](スル)世間から離れて、俗事にわずらわされないこと。俗事に執着しないで、あっさりしていること。超俗。「脱俗の境」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だつぞく【脱俗】

( 名 ) スル
世俗の名利を超越すること。俗気を離れること。出俗。 「 -の士」 「 -した生き方」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だつ‐ぞく【脱俗】

〘名〙 世間の気風から抜け出ること。世の中から超越すること。また、凡庸をこえ出ること。超俗
※幕府燕間録「范文正公嘗為人作墓銘、〈略〉為太守誠為脱俗
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「首縊りの力学と云ふ脱俗超凡な演題なのだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android