コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出定笑語 しゅつじょうしょうご

3件 の用語解説(出定笑語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出定笑語
しゅつじょうしょうご

平田篤胤著。4巻。文化8 (1811) 年成立。篤胤の仏教排撃論。富永仲基の『出定後語』,服部天游の『赤裸々』を読み,それを批判しながら仏教批判を発展させたもの。ほぼ,第1~2巻が釈迦伝,第3巻が経典,第4巻が日本仏教の批判にあてられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅつじょうしょうご〔シュツヂヤウセウゴ〕【出定笑語】

江戸中期の思想書。3巻、付録3巻。平田篤胤著。文化8年(1811)成立。仏教の成立から、日本渡来などを説き、仏教思想とその受容者たちを論難したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつじょうしょうご【出定笑語】

三巻または四巻。平田篤胤著。1811年成立。「出定後語」に模した、国学者の立場からの仏教排斥書。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

出定笑語の関連キーワード坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記自伝自伝文学アストリア稲村三伯燕石雑志

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone