コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出定笑語 しゅつじょうしょうご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出定笑語
しゅつじょうしょうご

平田篤胤著。4巻。文化8 (1811) 年成立。篤胤の仏教排撃論。富永仲基の『出定後語』,服部天游の『赤裸々』を読み,それを批判しながら仏教批判を発展させたもの。ほぼ,第1~2巻が釈迦伝,第3巻が経典,第4巻が日本仏教の批判にあてられている。付録として門人の編集になる『出定笑語付録』 (3巻) があり,真宗日蓮宗を神敵2宗として排撃している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅつじょうしょうご〔シュツヂヤウセウゴ〕【出定笑語】

江戸中期の思想書。3巻、付録3巻。平田篤胤著。文化8年(1811)成立。仏教の成立から、日本渡来などを説き、仏教思想とその受容者たちを論難したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅつじょうしょうご【出定笑語】

三巻または四巻。平田篤胤著。1811年成立。「出定後語」に模した、国学者の立場からの仏教排斥書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出定笑語の関連キーワード古道大意国学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android