コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出定後語 しゅつじょうこうご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出定後語
しゅつじょうこうご

富永仲基著。2巻。延享2 (1745) 年刊。仏教書。経典成立に関し,現在の大乗仏教はそれ以前の説に次々に新説を加上してでき上がったものであるとの独創的な加上説を打出した。これは従来の教相判釈や主観的選択に基づかない科学的,実証的な文献学,思想史学に通じる面をもち,大乗仏教は釈尊の直説ではないとする大乗非仏説の先駆である。本書公刊に影響され『赤裸々』 (服部天游) ,『出定笑語』 (平田篤胤) などが著わされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅつじょうこうご〔シユツヂヤウコウゴ〕【出定後語】

江戸中期の仏教書。2巻。富永仲基(とみながなかもと)著。延享2年(1745)刊。仏典を歴史的に研究し、それらが釈迦の直説(じきせつ)でなく、あとから追加されて成立したものとして、大乗仏教を否定した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅつじょうごご【出定後語】

江戸中期の仏教思想史論。富永仲基著。2巻。1745年(延享2)大坂刊。立論心理の分析による独創的な思想発達史論で,仏教思想は仏徒が釈尊に名を借り,自説を誇示しつつ前説に〈加上〉し,順次発達させたもので,大乗教は釈迦の所説ではないと論じた。また立論を規制する3条件を人(部派),世(時代),類(言語の用法)とし,民族の性癖を文化類型としてとらえ,思想の比較的視点を提起した。【水田 紀久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅつじょうこうご【出定後語】

二巻。江戸中期の思想家富永仲基の主著。1745年刊。経典の批判によって大乗仏教が仏説でないことを明らかにし、世の中に大きな衝撃を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出定後語
しゅつじょうごご

「しゅつじょうこうご」とも読む。江戸時代中期の排仏論の書。2巻。上巻は13章、下巻は12章からなる。1744年(延享1)富永仲基(とみながなかもと)の著述。仏教経典を分析批判し、仏教の本質と歴史を論じて大乗仏教を否定した。まず、仏教経典は釈迦(しゃか)が説いたものではなく、すべて後世の者の作為であり、多くは仏滅500年後の人の作であるとする。また現在の仏教も儒教も終局的にはいずれも倫理であり優劣はない、とする。さらに仏教各宗派の対立も「善をなす」点では同じ目的であるとして醜い宗派間の争いを否定するとともに、その宗派性も否定した。出定とは禅定の境地から平常の状況に戻ること。ここでは仏教を離れて客観的に批判するの意味で書名がつけられている。[圭室文雄]
『加藤周一編『富永仲基・石田梅岩』(『日本の名著18』1972・中央公論社) ▽永田紀久・有坂隆道校注『富永仲基・山片蟠桃』(『日本思想大系43』1973・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

出定後語の関連キーワード文雄主著

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android