コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出島竹斎 でじま ちくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出島竹斎 でじま-ちくさい

1816-1887 幕末-明治時代の神道家。
文化13年1月7日生まれ。家は代々駿河(するが)小鹿村(静岡市)の農家。花野井有年(ありとし)にまなぶ。維新後勝海舟,大久保一翁に信頼され,名主役,郡政方付属となり民政に協力。明治12年久能山東照宮祠官,18年皇典講究分所長をつとめた。明治20年8月25日死去。72歳。名は明雅。通称は甚太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

出島竹斎の関連キーワード三浦 弘夫明治時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android