出目家(読み)でめけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出目家
でめけ

能面作者の家系。文明年間 (1469~87) の面打三光坊の弟子から,大野出目家越前出目家の世襲の面打家が生れ,能面は創作から古面の写しの時代となる。大野出目家は大光坊幸賢の弟子是閑吉満 (1616没) を1世とし,2世友閑満庸,3世助左衛門,4世洞白満喬,5世洞水満矩,6世甫閑満猶,7世友水庸久,8世長雲庸吉,9世洞雲庸隆と続き,10世助左衛門で絶えた。本家の越前出目家は,三光坊の甥二郎左衛門満照を1世とし,2世二郎左衛門則満,3世源助秀満と続き,4世元休満永のとき,江戸へ移住して江戸幕府の扶持を受け,5世元休満茂,6世元休満総,7世元休満真,8世二郎左衛門満志,9世源助満光,10世源助満守と続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android