コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地方落穂集 じかたおちぼしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地方落穂集
じかたおちぼしゅう

48巻。成立年未詳。正,続,追加,続々編とあり,武陽隠士泰路ほか多くの人々によって編纂された江戸時代地方書。近世の法制経済史料として基本的なもの。『日本経済叢書』『日本経済大典』所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じかたおちぼしゅう【地方落穂集】

江戸時代の地方書の一つ。全14巻。従来,明治初年の刊本により1763年(宝暦13)に武陽の隠士,泰路が編したとされていたが,編者は変わらないとしても本書体裁がととのえられたのは78年(安永7)ころ春木魯石によってであるという説もある。本書は,江戸時代の地方書の第一といわれる《地方凡例録》執筆時の重要な参考書の一つとされたことからも明らかなように,地方の万般にわたって記述しており,さらには諸法令なども収録している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地方落穂集
じかたおちぼしゅう

江戸時代の地方書(じかたしょ)の一つ。正編の成立年代と著者については、「宝暦(ほうれき)十三癸未孟春武陽隠士泰路」とあり、1763年の成立であることが知られるが、泰路なる者の本姓名はつまびらかでない。内容は検地、高(たか)、石盛(こくもり)、検見(けみ)、石代納(こくだいのう)などをはじめとし、訴訟、仕置(しおき)なども具体的に書式をあげて述べている。記述は雑然としていて、系統的でないが、その内容は非常に豊富で、広く地方に関することに触れていて、後代にも影響を与えている。たとえば、化政(かせい)期(1804~30)に『続地方落穂集』(全6巻)が出て、触書(ふれがき)などを収録するとともに代官行政や土木普請(ふしん)について記し、天保(てんぽう)末・弘化(こうか)初年(1840年代中葉)には『地方落穂集追加』(7巻)、『地方落穂集続々編』と称する『聞伝叢書(ぶんでんそうしょ)』(11巻)などが出ているのは、その影響を示している。いずれも筆者は不明であるが、地方関係の触書その他を収載している。本書は江戸時代における法制経済の資料をほとんど遺漏なく網羅し、江戸期の地方法制ならびに慣習を知るには必須(ひっす)のものである。『日本経済叢書』第9巻、『日本経済大典』第24巻所収。[三橋時雄]
『瀧本誠一著『日本経済典籍考』(1928・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android