コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出羽弁 でわのべん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出羽弁 でわのべん

?-? 平安時代中期の女官,歌人。
平季信(すえのぶ)の娘。寛弘(かんこう)(1004-12)のころ一条天皇の中宮(ちゅうぐう)藤原彰子(上東門院),のち後一条天皇の中宮藤原威子(いし),その娘の章子・馨子(けいし)内親王につかえる。藤原兼房,源経信,弁乳母(べんのめのと)らと歌を通じて親交があった。「いでわのべん」ともよむ。家集に「出羽弁集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

出羽弁

生年:生没年不詳
平安時代の歌人。出羽守平季信の娘。後一条天皇の中宮威子やその娘の後冷泉天皇の中宮章子などに仕え,『栄華物語』では「いとをかしうすき者なるものから,有心なる(風流を解し思慮深い)」と評され,優れた女房として重んじられた。威子の死後,人びとに,出羽弁は悲しみのあまり死ぬのではないか,といわれたほど主人思いでもあった。歌人として,源経信の一族とはことに親しく,また『栄華物語』巻31から36は,現存する家集『出羽弁集』とは別の彼女の家集がもとになっているといわれる。代表歌は,忍ぶ恋を歌った「忍ぶるも苦しかりけり数ならぬ身には涙のなからましかば」など。<参考文献>松村博司「出羽弁の生涯」(『歴史物語考その他』)

(安隨直子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いでわのべん【出羽弁】

平安中期の女流歌人。生没年不詳。1078年(承暦2)以後高齢で没した。出羽守平季信の女。後一条天皇の中宮威子の女房となり,中宮の没後,一品宮章子内親王に仕え,のち六条斎院禖子内親王の女房となる。源為善・経信と交流,美作守源資定と結婚し,皇后宮美作をもうける。《栄華物語》続編第1部にしばしば登場し,その作者に擬される。《祐子内親王家歌合》《禖子内親王家歌合》に出詠。《後拾遺集》以後の勅撰集に16首入集。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いでわのべん【出羽弁】

平安中期の女流歌人。出羽守平季信すえのぶの女むすめ。上東門院彰子、後一条天皇の中宮威子、また章子内親王に出仕。古来「栄花物語」続編の作者に擬せられている。生没年未詳。家集「出羽弁集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出羽弁の関連キーワード栄花物語・栄華物語貫き止む栄花物語

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android